Top > 日々のケア

日々のケア


友人と一緒にいった美容院
南船橋駅で決めるならここ
髪の毛に関する豆知識を知りました。

紫外線対策は夏からと思っていたら大間違いです。

紫外線量がピークを迎えるのは、実は6月頃なのです。

4月や5月も照射量が増える時期なので、まだ紫外線への意識が低い人は注意が必要です。

紫外線が肌に与える影響は

肌に届く紫外線はUVAとUVBの2種類がありますが

UVA(紫外線A波)は肌の真皮まで到達して、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンを破壊します。

その結果、肌のうるおいやハリが失われて老化を進行させてしまいます。

UVB(紫外線B波)は肌表面を刺激するため、肌が赤くなったり炎症が起きたりします。

黒ずみやシミの原因にもなります。

また、紫外線を浴びることで、体のサビと呼ばれる活性酸素が発生します。

増え過ぎた活性酸素は、健康な肌細胞を酸化させ、シワやたるみ、シミなどといった様々なトラブルを引き起こす原因に。

これは光老化と呼ばれ、肌の衰えの原因の約8 割を占めます。

例えば「二の腕の裏」と「手の甲」を見比べてみましょう。

日光にほとんど触れることのない二の腕の裏は肌がつるつるとしているのに比べて

日光を浴びやすい手の甲はシワやシミが多くなっているはずで

これこそが、紫外線が肌老化に深く影響している証拠なのです。

紫外線対策だけでなく、積極的な"紫外線ケア"をしましょう。

紫外線対策、つまり日焼け止めクリームを塗る

日傘をさすなどといった対策とともに大切なのが紫外線ケア(=美白ケア)。

紫外線を100%ガードすることは不可能なので

浴びた紫外線ダメージを少しでも和らげるケアをすることが大事です。

光老化の怖さは、肌にすぐ影響が現れないことで

肌が赤くなったり黒くなったりしなくても

徐々に紫外線ダメージが蓄積されて肌が変化していくため日々のケアをしっかりと行いましょう。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
スプレーでニオイがしないようにしている(2018年12月12日)
気になった伊勢神宮を着物で参拝とは(2018年10月 9日)
冷え性改善のために始めた筋トレの効果とは(2018年5月14日)
新しく始めたニキビ肌用の美容液(2018年4月29日)
カルティエのコートを高く引き取ってもらいたいんだけど!(2017年8月22日)